ホーム  >  お知らせ  >  医療労務コンサルタントサービスのご案内

医療労務コンサルタントサービスのご案内

医療労務コンサルタントの認証を受けました

弊所の代表野田が全国社会保険労務士会連合会が主催する

医療労務コンサルタント研修を修了し、認証を受けました。

これは改正医療法の成立を受けまして厚生労働省、日本医師会、

日本看護協会、全国社会保険労務士会連合会が協力して

医療機関の勤務環境の改善に取り組むにあたり、

労務の専門家である社会保険労務士が医療機関の現状を学び、

必要な研修を修了したことを証明するものになります。

なお、医療労務コンサルタントの名称は商標登録されており、

研修を受講済みの方以外名乗ることができません。

医療労務コンサルタントは何ができるの?

医療労務コンサルタントは何ができるの?という

疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

医療労務コンサルタントは社会保険労務士としての経験を踏まえて、

医療機関での「人に関するあらゆる困ったこと」の相談に乗り、

解決へ導いていくプロフェッショナルです。

医療機関特有のお悩み

医療機関には労働時間の管理、時間外労働の設定、割増賃金の支払い方、

勤務医の安全と健康の確保、女性勤務医の就労支援など

医療機関特有の労務管理のお悩みがあると思います。

これは相談して良いのかな?と思われることも含めまして、

従業員の採用から退職までの間に起こる様々なこと、

就業規則の作成や改定、人事評価制度の作成や改定、

給与計算業務や労務管理で生じるあらゆることまで

人に関することでお困りのことがございましたら

どのようなことでも遠慮なく弊所にご相談下さい。

貴社の現状を把握してみましょう

いきなり全てを変えることは難しいと思います。

まずは貴社の現状を分析して確認していただき、

できることから変えていくという取組みを

なさってみてはいかがでしょうか?

現に弊所のお客様では自社の現状を確認なさって

できることから取組まれている方が多くいらっしゃいます。

自社で抱え込まないで下さい

ひと口に労務問題と申しましてもその範囲は非常に広く、

大きな組織でも自社で全てを解決することは困難な場合もあります。

医療機関にセカンドオピニオン制度があるように

労務問題に関しましてもセカンドオピニオンとして

医療労務コンサルタントを利用なさってみて下さい。

お悩みが軽減できれば本業に専念できる時間が増えて

他社に打ち勝つことに繋がる可能性が高まります。

従業員の活躍は他社との競争に打ち勝つためには

絶対に欠かすことのできない大切なものです。

好循環を生む為にも労務相談は弊所にお任せ下さい。

医療労務コンサルタントサービスについてのお問合せや

ご相談はこちらよりよろしくお願い致します。

神奈川県で医療労務コンサルタントをお探しの際は

弊所へご連絡をお待ちしております。