ホーム  >  顧問のすすめ

顧問のすすめ

わたしは社長の主治医です

"顧問のすすめ・7つのメリット"

【顧問のすすめ メリット1】いつでもすぐに相談できる

これが最大のメリットではないかと考えています。労務トラブルが生じてから社会保険労務士を探し始めても想像以上に時間が掛かり、一刻を争っている中、時期を逸してしまうこともあるかもしれません。ただでさえ忙しい経営者の皆様は、このような最中にあっても優先すべき事項は会社の通常業務になり、社会保険労務士を探すことが後回しになるかもしれません。このような状況にあって、冷静な思考の下、自社にマッチした社会保険労務士を探せるでしょうか。さらに、事情を1から説明しなければならず、事情を汲み取ってもらうまでに、なお時間が掛かることも考えられます。

時間経過によるリスク拡大を考えると、いつでもすぐに相談できる環境を整備しておくことはリスクマネジメント上、非常に大切になるものと思います。

【顧問のすすめ メリット2】スピーディーな対応を期待できる

日頃から継続して相談・報告して頂くことにより、顧問先の企業様の業界や業種、会社の事情について精通していくことが可能となります。日頃の積み重ねによる信頼関係の構築ができ、それによって労務トラブルが生じたとき、あるいは労務トラブルが生じそうなときは、迅速な対応をとることが可能となります。顧問先の企業様の事情を把握できていなければ、いくら社会保険労務士に相談されても必ずしも事案に適した解決が得られないこともあるかもしれません。

忙しい経営者の皆様にとっては、業務以外に費やす時間は、何ものにも代え難い損失に感じられるかもしれません。

【顧問のすすめ メリット3】労務コストを削減できる

労務顧問料2万5000円(税込2万6250円)は、月収20万円の社員1人を雇う場合の1か月の会社負担の社会保険料(約2万7000円 雇用保険・労災保険・健康保険・介護保険・厚生年金など)よりも廉価です。実際に社員1人を雇った場合に掛かるコストは、人材育成費用や会社負担の社会保険料などを含めて支払う給与の1.8倍掛かると言われています。外部に依頼することで、必要以上の労務コストの削減が可能になります。
余計な労務コストを掛けず、外部に労務の専門家を置ける環境は企業にとって大きなメリットになるものと思います。また、社会保険労務士にお支払い頂く顧問料は全額税法上の経費に計上できます。

【顧問のすすめ メリット4】ビジネスパートナーになれる

インターネットの発展とともに、情報氾濫化時代になり、誰でも容易に様々な情報が入手できる時代になりました。社員個々の権利意識はますます強くなっていき、社員自らに関連する権利違反に対しては非常に敏感になってきており、その結果、社員からの行政機関への内部告発は年々増えてきています。これまでは社員のコンプライアンスに関することを後回しにして放置していたとしても責任を問われることはなかったかもしれませんが、これからは自社の社員による行政機関への内部告発がきっかけとなり、結果的に責任を問われる可能性もあります。
コンプライアンス違反が起こると、優秀な社員は退職してしまうかもしれませんし、悪い噂が広まると良い人材の獲得に恵まれないこともあるかもしれません。今後、労働人口が減少する中、良い人材の獲得は、企業にとっては死活問題です。
一見すると、コンプライアンスとは対企業、対世間へのアピールのように思われがちですが、一番身近な自社の社員を大切にしていることのメッセージにもなります。
コンプライアンスを徹底して、社員を大切にすることにより、それが社員に伝わると業績向上に繋がるかもしれませんし、良い評判が広がると良い人材獲得に繋がるかもしれません。コンプライアンス違反による見えない損失は計り知れません。

上記は一例ですが、企業にとって損失に繋がる問題点やリスクを発見した場合には、速やかに改善点を提案して報告致します。
様々なビジネスシーンにおいて、御社のビジネスパートナーとして積極的にご活用下さい。

【顧問のすすめ メリット5】手続顧問と労務顧問を選択できる

最近の労働諸法令の改正は非常に速く行われており、総務部や人事部を設置している会社であっても労務に関する情報に精通していない場合もあるかと思います。例えば、新しくできた助成金の受給要件に該当していたとしても、その情報を知らなければ受給することはできません。これまで以上に情報が持つ価値や役割は大きくなってきています。
当事務所では、従業員の入社から退社までに発生する手続をアウトソーシングとして承る手続顧問、手続は自社で行い、労働諸法令の改正情報などの提供や相談業務だけを承る労務顧問を選択できます。御社に必要な内容を検討して頂き、ご依頼下さい。

【顧問のすすめ メリット6】全国どこからも依頼できる

神奈川県以外の企業様であっても、電話やメールが主な相談方法になることをご了承頂けますと、顧問契約を締結させて頂き、社会保険労務士としての職務を遂行させて頂きます。まずは、お気軽にご相談下さい。

【顧問のすすめ メリット7】顧問割引を受けられる

顧問契約を締結させて頂ければ当事務所で提供している商品を20%割引させて頂きます。例えば、従業員数25人の企業様が社内コミュニケーション診断を受けられる場合、定価19万円(税込19万9500円)のところを15万2000円(税込15万9600円)で提供させて頂きます。